痩せたい気持ちは常にある。でも10キロ痩せるなんて無理!と思っているそこのあなた。そうやって最初から諦めるからずっとその体なんですよ。本気で痩せたい人は当サイトが力になります。10キロ痩せて今後の人生を華やかにしましょう!

  • ホーム
  • 脚がなかなか痩せない…下半身デブを克服する方法は?

脚がなかなか痩せない…下半身デブを克服する方法は?

食事に気を付けたり、糖質ダイエットをして体全体的にスリムになっても下半身が痩せないことがあります。
何をやっても下半身デブが解消しないと思う場合、原因を考える必要もあります。
下半身が痩せない下半身デブは、脂肪が原因とは限りません。
体をスリムにダイエットをするためには余分な脂肪を燃焼させる必要があります。
食事制限などで脂肪を燃焼させますが、太ももやお尻の脂肪はお腹などに比べると脂肪が燃えにくい部位で、実は食事制限などのダイエット方法では痩せることが難しい部位でもあります。

下半身デブの原因のひとつはセルライトです。
セルライトは太ももなどにできる皮下脂肪が肥大化したもので、皮下脂肪組織が付いたものなのでセルライトができることで血行が悪くなって代謝も落ちてしまいます。
また一度できてしまうと細胞が大きくなり、大きくなってしまうと食事を制限したり、運動をしても脂肪を落とすことができず下半身デブになってしまいます。

水分不足でも太ももなどが太くなることがあります。
水を多く摂ると体が浮腫むため、水を控える女性もいますが、水分を多く摂ると浮腫むことはなく、逆に水分が不足することで浮腫むことがあります。
水分を摂ることで体の中の老廃物が尿などと一緒に排出されますが、不足することで体内に老廃物が蓄積され、放置することで脂肪に変わって体に蓄積します。

他にも血流や代謝が悪い場合や、浮腫んでいないのに足が太い場合には足の筋力が低下していることも原因となります。
足は血液やリンパを上半身に戻すためのポンプの役割がありますが、この場合は足の筋肉を使っています。
その筋力が低下していると血液やリンパを運ぶことができず流れが悪くなり、老廃物が下半身に溜まりやすくなります。
また内ももの筋肉が低下すると骨盤を支えることができずに骨盤などの歪みにつながり、骨盤などがゆがむことで代謝や血液、リンパの流れなどにも影響を与えることが考えられます。

ジョギングなどの有酸素運動やスクワットで引き締める

下半身デブを解消するためには、食事制限だけでは難しく効果的に運動やマッサージなどを行う必要があります。
足やお尻を手で押さえてぼこぼこした感触がある場合にはセルライトができています。
セルライトを解消するには、マッサージで潰します。

エステでマッサージの施術をする方法も良いですが、自分でも手を使ってマッサージすることができます。
手をむすび指の第二関節を使って足首から膝に向かってマッサージをし、さらに膝から足の股関節に向かって行います。

少し強めの力で行い、毎日続けることでセルライトも少しずつ崩れて脂肪も燃焼しやすくなり、血流などの流れも良くなります。
筋力の低下によっても太くなることがあるため、筋力低下を解消することも大切です。

足の筋力低下の解消にはスクワットやジョギングなどの有酸素運動を行って筋肉を動かすことで引き締めて美脚にします。
スクワットは家でも手軽にできる方法で、ゆっくりとした動きですが太ももには負荷がかかります。
毎日10~20回行うことで太ももを鍛えることができます。

ジョギングやウォーキングは下半身の筋力アップにも効果的で、特に有酸素運動はダイエットのためにも良いです。
股関節が硬い場合も下半身デブになりやすいです。
股関節の周りには23もの筋肉がついており、複雑な動きをすることができますが、股関節の可動域が狭いと筋肉がつかわれずに衰えて下半身デブになってしまいます。

股関節が硬いとリンパの流れも悪くなります。
股関節を柔らかくするにはストレッチが効果的です。
あぐらをかくストレッチなど簡単にできるため、股関節を柔らかくするストレッチを毎日続けることで下半身太りが解消し美脚になることもあります。