痩せたい気持ちは常にある。でも10キロ痩せるなんて無理!と思っているそこのあなた。そうやって最初から諦めるからずっとその体なんですよ。本気で痩せたい人は当サイトが力になります。10キロ痩せて今後の人生を華やかにしましょう!

  • ホーム
  • 糖質制限ダイエットの別名は「低炭水化物ダイエット」

糖質制限ダイエットの別名は「低炭水化物ダイエット」

太っている女性

最近、糖質制限という言葉をよく耳にするようになりました。
健康的に痩せたという人も多い方法で、気になっているという人も多いでしょう。
糖質制限とは、その名の通り糖質を制限する方法です。
具体的には、ごはんやパンなどの糖質を制限するというものです。

糖質制限ダイエットは低炭水化物ダイエットとも呼ばれています。
糖質と炭水化物は同一視されていますが、実は異なるものです。糖質に繊維質を合わせたものを炭水化物と呼ぶためです。
ダイエット中は糖質は避けた方がいいのですが、食物繊維に関しては積極的にとって構いません。

では、なぜ糖質制限がダイエットに効果的なのでしょうか。
糖質は体内に入るとブドウ糖に分解され吸収されることで全身に回ります。
血液中の糖質が増えすぎると、インスリンというホルモンが分泌され血糖値が一定になるようにしています。

ただ、インスリンには余った糖質を脂肪に変えて蓄えるという働きもあり、体に脂肪がつきやすくなってしまいます。
そこで、糖質制限をすることで血糖値が上がりにくくして、インスリンの分泌を抑えることができます。
低炭水化物ダイエットと同じように、食事は糖質を含む甘いものを避けるようにするのがポイントです。

食材としては肉や魚などのタンパク質を意識して取るようにして、糖質で不足しがちなカロリーを補う必要があります。
脂質はカロリーを手軽に補給することができますが、ダイエットには向きません。
高タンパクで栄養豊富な肉は、今までのダイエット法では避けられる食材でしたが、糖質制限では食べることができます。

食事から糖質の分のエネルギーを摂取する必要があるので、タンパク質は日ごろよりも多く食べる必要があるからです。
日本人はお米を食べる習慣があるので、炭水化物を取らない食事に慣れませんが、カロリー制限など細かな計算をしなくても糖質を避ければいいので比較的簡単に行うことができます。
継続しやすいダイエット方法です。

病院の理事長が自らの糖尿病を克服したことがきっかけ

実は、糖質制限はダイエットのために考え出された食事法ではありません。
病院の理事長自らが糖尿病を克服したことがきっかけになって登場した食事法です。
今までの糖尿病治療では、カロリー制限をすることが大切だと言われてきました。
カロリー制限をすることで血糖値をコントロールするのが目的ですが、この食事を続けているとエネルギーは抑えることができても炭水化物の摂取は増えてしまいます。

そのため、せっかく病院の指導通りに食事を抑えているのにもかかわらず、思ったような結果が出ないということが起こりました。
中には日ごろの食事を我慢しているために反動で、脂質の多い食事を食べてしまうということもありました。
そこで、自らも糖尿病だった病院の理事長がインスリンに着目し行ったのが糖質制限ダイエットです。

糖質は栄養素のうちの炭水化物を大幅に減らす食事法なので、最初のうちは体に良くないと言われていました。
けれども、実践する人が増えるに従ってその効果が目で見て分かるほどになり、少しずつ広まっていきます。
低炭水化物ダイエットとほとんど同じ内容だと思っている人が多いですが、厳密には異なります。
ただ、ごはんや麺類を避け、甘いものを食べないという食事は同じと考えてもいいかもしれません。

今では多くの人が実践する食事療法ですが、初めて行ったのは理事長であるということは意外と知られていません。
理事長は糖質制限をすることで糖尿病を克服することができました。
インスリンの激しい増減を抑えることができたからです。
今では糖尿病の人はもちろんですが、ダイエットをする人にも多く選ばれる食事法になり、その効果がたくさんの人に知られるようになりました。