痩せたい気持ちは常にある。でも10キロ痩せるなんて無理!と思っているそこのあなた。そうやって最初から諦めるからずっとその体なんですよ。本気で痩せたい人は当サイトが力になります。10キロ痩せて今後の人生を華やかにしましょう!

  • ホーム
  • 産後に10キロ痩せたい!産後ダイエットの注意点

産後に10キロ痩せたい!産後ダイエットの注意点

出産を経験した女性の多くは、妊娠前の体形にすぐ戻りたいと思う方も多いため、病院から退院した時点で本格的にダイエットを始める方が増えています。
しかし妊娠中に広がっていった状態の骨盤は、左右交互に少しずつ縮みながら、産後3~4ヶ月かけて元の状態に戻る特徴があるため、産後すぐに過度な運動を行ってしまうと、何かのはずみによって骨盤が歪んでしまう危険があります。

特に出産を終えた女性の体は、ホルモンバランスの状態が正常でないことから、まずは十分な栄養バランスのとれた食事をとり、体に必要な栄養素を蓄えて体調のコンディションを整えることが重要です。
運動不足になっている可能性も高いので、無理のない範囲で軽い運動を行うこともポイントです。
一般的に出産後1ヶ月は安静にしておくことが重要と考えられています。
どうしても体を動かしたいという場合は、気分転換をかねて軽い散歩を行うと気持ちもリフレッシュすることが出来るので、体にも精神的にも良いと言われています。
骨盤の歪みを正常に戻したいという場合は、市販されている産後ベルトや産後コルセット、サラシを腰回りに巻くことで、産後開いてしまった骨盤が元の状態に戻るのをサポートしてあげるのも効果的だと言われています。

まず骨盤が出産後に少しずつ元の状態に戻っていく働きは、赤ちゃんが母乳を吸う行為を行うことが刺激となり、子宮を収縮させて骨盤を収縮させる働きにつながる特徴があります。
産後はできるだけ自分自身の体形を気にすることも重要ですが、一ヶ月間赤ちゃんとじっくり一緒にいる期間だと思って、体を休ませるように気をつけるようにしましょう。

また産後はお母さんの身体自体も、女性らしい働きを取り戻すためにホルモンバランスが大きく変動する特徴があります。
そのため抜け毛が多くなりやすく髪全体のボリュームが減ってしまうことから、体重を気にするよりもまずは体調を第一に考えることが重要です。

出産後、1か月はダイエットするのを控えた方が良い

妊娠中はどんどんお腹が大きくなっていくことによって、妊娠前に比べて運動量がぐっと減ってしまった事や、骨盤の開きが原因となりお腹周りに皮下脂肪が多くついてしまう方が多く、下半身太りが気になってしまう女性は少なくありません。
そのため出産が済んだら、すぐさま育児をしながら本格的にダイエットを初めて体重を落としていきたいと思う方も多いのです。
しかし、産後で体力が無くなっている時に無理に過度な食事制限を行ったり、運動を行うと体に負担がかかり、体調を崩してしまう危険があります。

特に産後は骨盤が徐々に元の状態に戻っていく重要な時期でもあるので、最低1ヶ月は安静にしておき体調を元の状態に戻すことを意識するようにしましょう。
1ヶ月経った後からは、育児と両立出来る範囲で自宅でじっくり行えるヨガやエクササイズを中心にトレーニングをしていくと、無理なくダイエット効果を得ることが出来るようになります。
骨盤を引き締めて下半身太りを解消したいなら、「スクワット」がおすすめです。
一日3分で、ダイエット効果をはじめ、姿勢がよくなり適度に筋肉を付けることが出来るメリットがあります。

やり方は肩幅ほど足を開いて、45秒かけてゆっくり腰を落とせるところまで落とし、後は15秒かけて元の状態に戻す動きを約3分かけて行っていきます。
毎日行うこともおすすめですが、一週間スクワット運動を続けたら約2~3日体を休むというサイクルをとるようにすると、体に適度な刺激を与えることが出来るのでダイエット効果が均等に得られるようになります。

また産後でも効果的に体を引き締めていく方法として人気が高いのがヨガやピラティスを行うことです。
ジムに通う方法もありますが自宅でゆっくり行えるのも人気の理由です。