痩せたい気持ちは常にある。でも10キロ痩せるなんて無理!と思っているそこのあなた。そうやって最初から諦めるからずっとその体なんですよ。本気で痩せたい人は当サイトが力になります。10キロ痩せて今後の人生を華やかにしましょう!

  • ホーム
  • ジェネリック医薬品の「痩せる薬」を比較

ジェネリック医薬品の「痩せる薬」を比較

体重が重い女性

自己流のダイエットを頑張っていても、その方法が間違っていたり頑固な肥満となっている場合はなかなか結果を出すことができません。
そこで痩せる薬を利用してより早く結果を出したいと希望する人も少なくないものです。

痩せる薬で特に有名な薬ではゼニカルがあげられます。
痩せるためには食事制限は欠かすことができませんが、特に脂肪分の多い食事は太りやすい傾向にあります。
ダイエットのためには脂分の多い食事は控えたいですが、毎回低カロリーの食事はつらいものもありますし、食事会や飲み会でどうしても断れないこともあります。

ゼニカルは食事で摂る脂肪分を30パーセント程度カットしてくれるとされており、食事の管理がより楽になる、好きなものを楽しみながらダイエットができると人気となっています。
ゼニカルの主成分はオーリスタットとなっており、脂肪を吸収しやすくするリパーゼという脂肪分解酵素の働きを阻害してくれます。
そして分解されなかった脂肪はそのまま体外に排出されますので、脂肪分の多い食事を食べても太りにくくなるのが特徴的です。

飲み方も知っておきたいですが、痩せる薬で人気のゼニカルは食中、または食後1時間以内に1錠を服用します。
服用は一日3回までとなっていますので過剰に飲み過ぎたりしないよう、回数や用量はきちんと守りましょう。

食事制限が苦手な人にはゼニカルはとても役立つ薬ですが、薬の値段は決して安くはありませんので、より安く購入したいという人も少なくありません。
治療費をより安くするのであればジェネリック医薬品を選ぶという方法もあります。

ジェネリックは新薬の特許が切れてから別の製薬会社が製造販売する薬ですが、すでに有効成分や作り方がわかっていることもあり、膨大な開発費用が必要ないので、より安く提供できることで人気となっています。
オーリスタットを主成分としたジェネリックの痩せる薬は色々な種類がありますので、それぞれの特徴はよく確認し最適な薬を選びましょう。

ゼニカルのジェネリック薬7つの違いは何?

肥満治療をより安く行いたい、無理なく続けていきたいという場合は後発医薬品にも注目してみましょう。
痩せる薬のジェネリックとしてはビーファットやオベリット、さらにオルリガルやオリサット、スリムトリムやゼロファットなどがあげられます。
ビーファットやオルリガル、さらにオリサットやスリムトリム、ゼロファットはオールスタットを120mg含んでおり、ゼニカルと同じとなっています。
こうした薬は国内の医療機関やドラッグストアで購入するのは難しいものがありますが、個人輸入という形で入手することができます。

どの薬も基本的に飲み方も同じで、効果も同じように期待することができます。
名前は違いますが、どれも痩せる薬で評判のゼニカルと同じような薬と考えておくと良いでしょう。
どれを選ぶかはその人の好みで決めることができますが、同じような薬でもそれぞれ価格帯は違いがあります。
ゼニカルよりかなり安く入手できるものもあれば、ジェネリックでもほとんど値段が変わらないものもあります。

さらに医薬品によってはジェネリックでもゼニカルよりも高くなる場合もありますので、価格はよく比較して選んでいきましょう。
どの薬も同じような効果効能が期待できますが、ゼニカルのジェネリックのオベリットは他の薬と違う特徴を持っています。
オベリットも同じくオーリスタットが主成分となっていますが、含有量には違いがあり、ゼニカルや他のジェネリック医薬品が120mgを含有しているのに対し、オベリットは60mgと半分の含有量です。

それゆえ、効き目は他の薬に比べて弱いと言えますが、初めて飲む人やゼニカルでは強すぎるという人におすすめです。
欧米人と比べて体の小さな日本人には優しい処方と言えるでしょう。