痩せたい気持ちは常にある。でも10キロ痩せるなんて無理!と思っているそこのあなた。そうやって最初から諦めるからずっとその体なんですよ。本気で痩せたい人は当サイトが力になります。10キロ痩せて今後の人生を華やかにしましょう!

体重計

なかなか痩せたいと思ってもダイエットの効果が出ないということで悩んでいらっしゃる方が多いかと思います。
10キロ痩せるためには効果的な食事法を実践したり運動を行ったりといった適切な知識がないと難しいです。
なぜなら内臓脂肪ならばその1キロを減少させるために必要なカロリーは7000キロカロリーと言われています。
なので10キロの場合はその10倍の7万キロカロリーを減らしていけるようにならなければいけないわけです。

さらに自分のモチベーション管理などといったことも考えると10キロはとても難しいです。
基本的な知識なくできるものではありません。
ただ闇雲に運動を行ったり、食事制限しているだけでは10キロのダイエットはかなり辛いです。
そこでなんとなくダイエットをしている人や、初めてダイエットに挑戦しようと考えている人のために基本的なルールについてここではご紹介しています。

体重を記録すること無しにダイエットはできない

決めた時間に計るだけでもダイエット効果があると言われています。
「計るだけダイエット」と言われ、そういった体重の推移を確認していると自然とダイエットのモチベーションも上がります。
そして、どういったものを食べるのが痩せるのに効果的なのか、どういった運動を行えば効果的なのかということを数字で確認できるので自己管理が簡単になります。

逆に言うと10キロ痩せたいとダイエットをしている人が体重計を見ないというのはあまり良い方法ではありません。
大抵挫折してしまう人は、体重計をしっかり測らないからなのです。
ダイエットは大変で、続けていくには根性とやる気がかなり必要です。
それを毎日どれくらいやっているかしっかり認識することによって頑張ろうという気持ちを引き出すのです。

ダイエットがかなり進む人もいます。
もちろん個人差があり、あまり効果がない人もいますが少なくとも体重を測ってない人が痩せることはほぼないです。
自分の体重の変化を数字で知ることがダイエットの基本です。
体重が増加しているとがっかりはしてしまいますが、逆にそのおかげで減少した時は嬉しくなります。
どちらの現実からも目を背けずに、楽観も悲観もせずに、ダイエットに取り組むことが、結局長い目で見るとリバウンドを減らし、モチベーションを継続させることができるのです。

体重をこまめに測ることが大切

体重を測るために必要なのは体重計ですが、一体どのようなものがよいのでしょうか。
一般的に一番販売されているような普通の体重計でも十分ですが、より効果を得たい人は適切な体重計を使った方が良いです。
50グラム単位で測定できる体重計がおすすめです。
というのもダイエットで重要になってくるのはしっかりと目に見えて効果が出ているという実感を得られるかどうかになります。

測れる単位が大きいとあまり変化がないような印象を受けてしまいます。
そんなことをやっても意味がないという気持ちになれば、ダイエットへの意欲も落ちてしまいます。
しかし50グラム単位で測れるような体重計ならば何かしらの変化や小さな変化もしっかりと認識できるので、ダイエットを成功させるられる可能性が高まります。
体脂肪が測れたり様々なスマホアプリと連携して記録を取れる体重計なども出ていますが、とにかく小さな単位で測れるかどうかということを一番に注意して購入しましょう。

体重測る時重要なことはできるだけ毎日同じ時間にチェックをすることです。
例えば朝食を食べる前にするのか朝起きてトイレに行く直後にするのかなどいつも行う行動があればその前後に体重計を測るようにすれば必ず同じ時間で体重をはかることができます。
大体朝と夜の2回決まった生活習慣のタイミングで取るようにしましょう。
同じ時間に計ってしまうと、その時の体の消化が進んでいるかどうかなど他の要素が体重の数値に絡んできてしまうので、客観的な進歩がわからないのです。

食事と間食、18時以降の食生活を見直す

かなり頑張っていても全然痩せない人の中にはいます。
それは特に仕事をしている方に多いです。
なぜなら仕事をしている人は時間管理が不規則になって当然食生活も不規則になるからなのです。
それにやはり夕食をとても楽しみに仕事をしている人がいます。

1日の締めくくりとして夕食でビールを飲んで明日への活力にしている人もいます。
しかし夕方18時以降に食べた食べ物が一番脂肪になりやすいのです。
夕食を早めに取り、その後の過ごし方でダイエット効果が出るということをご存知でしょうか。
そのことについてここではご説明いたします。

夜遅くに食べると太りやすいことは事実です。
ダイエットを頑張っているのになかなか体重が落ちない人は、やはり食べるタイミングなどを気にしていないということが挙げられます。
夜に食事をとるとbmal1(ビーマルワン)というタンパク質が食べたものを脂肪に変えて行ってしまうのです。
そしてbmal1というタンパク質は、18時頃から深夜にかけて増加するということが分かっています。

ですから夜の食事は脂肪を増やしてしまいがちなのです。
逆に言えば早い時間に夕食を済ませれば痩せるということが言えるでしょう。
もちろんそのbmal1の増加や減少は個人によって変わるので19時以降に食べても脂肪に変わりにくい人もいます。
それでも、夜にかけて増えていくことは皆さん誰でも一緒ですので、その点を注意してできるだけ18時前に夕食を済ませてしまうようにしましょう。

出来る範囲でのセルフルールを決める

しかし18時以降に夕飯を食べないというのは口で言うのは簡単ですが、なかなか難しいかと思います。
もちろんお仕事をしている人などはその時間も仕事している場合がありますし、他の人との付き合い等でそれ以降にどうしても食べなければいけないという人もいるかと思います。
そういう人はせめて自分なりにこの時間以降は食べないというボーダーラインを決めておくと良いです。
おすすめは布団に入る4時間前までには夕食を取れるようにセルフルールを定めることです。

例えば0時に寝る人ならば20時、2時に寝る人ならば22時というふうに決めておきましょう。
あまり厳格にルールを決めすぎてきつくなりすぎると結局バーンナウトしてしまったり、リバウンドしてしまう危険がありますのでその点もよく自分と相談して考えていきましょう。
10キロのダイエットに取り組むというのは、かなり厳しいプロジェクトと言えます。

ただその日の気分に左右されて食事を制限したりしなかったりしていると、達成は難しいです。
自分がどれくらいなら我慢できるかしっかりと考えて計画を立てるようにしましょう。

更に18時前に食事を終えたら、その30分以内に運動すれば食べたものが脂肪により変わりにくくなっていきます。
つまりウォーキングや筋トレなどによって食べた分を燃焼させてしまうという手もあります。
そうした運動については次に説明していきます。

運動は自分でするか、できなければジムに通うのも検討

運動によって脂肪を燃焼させるという方法はまず考えられることですが、その運動は自宅でやった方がいいのか、ジムへ通うべきかということで悩むかと思います。
その点についてここでは考えていきましょう。

運動はジムへ必ず通わなければいけないわけではありません。
自宅でも十分効果的なダイエット方法はたくさんあります。

スクワット

美しいボディを手に入れるためには筋肉が必要でその一番簡単で手軽なのがスクワット。
スクワットは実は動きはシンプルながらもかなり全身を使う筋トレなのです。
スクワット15回行えば腹筋を500回行ったのと同じだけのカロリーを消費するということはご存知でしょうか。
なぜならスクワットは体の中で一番大きな筋肉である、太ももとお尻の筋肉を使う有酸素運動だからなのです。
この二つの筋肉を積極的に刺激していくことで代謝が上がり脂肪が燃焼されます。
膝の痛みなどが心配な人は、テーブルや椅子などを使っても大丈夫なのでスクワットを習慣づけていきましょう。

ヨガ

ヨガは体の全身の不調を改善する効果があります。
また、ホルモンバランスなどを整えて老廃物を排出してくれるので美肌効果などもあるばかりか、酸素をしっかり吸い、呼吸などを注意しながら行う運動なので瞑想に近いリラックス効果も期待できます。
もちろん全身の筋力アップにもつながる方法が多数ありますので、それを毎日続けていけば綺麗に脂肪が燃焼し美しい体を手に入れることができます。

体幹トレーニング

腕立て伏せをする前のような状態にする「プランクのポーズ」がおすすめです。
そのまま腕立てをせずにじっと静止しているだけで姿勢が良くなります。
最初は大変かと思うので20秒ほどから始め最終的には1分を目安に行っていきましょう。
姿勢が正しくなれば内臓も正しい位置に戻り骨盤の位置も整って体の歪みが小さくなります。
もちろん体幹が鍛えられることによって脂肪が燃焼し、ダイエット効果もあるのです。

このような自宅でのトレーニングは、モチベーションを持続するのがかなり難しいというのが言えます。
習慣化するにはかなりダイエットすることへ対する強い意志を必要としますので、それが難しい人はジム通いなどの予約を入れることで運動をせざるを得ないという状況に追い込む方がおすすめです。
しっかり専門知識を持ったスタッフもいるのでジムならば無駄なく安全にダイエットを行うこともできます。
重要ポイントは週2回は通うようにしておくことで、どうしても行けない日があったからといってそこで諦めてしまわないことです。

トレーナーのアドバイスに従って、行っていきましょう。
ただしジムに通うのはやはりお金がかかるというのが一番の難点です。
経済的に厳しい人は自宅でのトレーニングをしましょう。

ダイエットを手助けするサプリや薬の摂取も検討

また10キロ痩せたいという人のためにサプリなどを活用するという方法もあります。
細かな方法については別でご紹介いたしますのでここでは概要だけをご説明いたします。
もちろん食事制限や運動が必要なことはわかっていても、それが思うように効果が出ずに嫌気がさしてリバウンドを繰り返してしまう人も少なくありません。

習慣を変えるのも大変なのに食事まで変えるというのはとても大変です。
体重の減少がしっかり目に見えるとやる気も出てくるので適度にサプリメントも活用しながら苦しいダイエットを乗り越えるのは、悪いことではありません。
でもメリットとデメリットがあります。

ダイエットサプリのメリット・デメリット

ダイエットサプリを使うことのメリットは、もちろん配合されている栄養成分が代謝を高めて痩せやすい体を作ってくれることに他なりません。
またサプリメントは種類が豊富なので、自分の体質に合ったものを選んだり必要な栄養素や酵素を手軽に補ったりすることもできることです。
仕事や家事に追われていると食事が偏食気味になってしまうこともありますので、そういう成分を含んだダイエットサプリメントを摂れば一石二鳥というわけです。

ダイエットサプリメントを使うことのデメリットもあります。
体質に合わないことによる体調不良などを起こしてしまうことと、サプリメントに依存しすぎて体内の栄養素に偏りが生じたり食生活が余計乱れていってしまう可能性があるということです。
配合された成分をチェックしながらサポートさせていくならば問題ありませんが、そのためには専門的な知識がどうしても必要になってしまうのです。
また、適切なサプリメントを選ぶのは知識がないとかなり難しいということがサプリメントのデメリットです。

ダイエットサプリメントには主に三つのタイプがあります。

脂肪燃焼を促すタイプ

これは運動などを利用してダイエットを行っている人にはオススメです。
またお腹やヒップ周りなどについた体脂肪を燃やしてくれるのでその辺りの肉付きが気になる人にはこのタイプが良いでしょう。
コラーゲン、イソフラボンなど美肌効果もあるものもあるので検討してみると良いでしょう。
コラーゲンは活性酸素を減らしてくれます。

腸内環境を整えるタイプ

便秘などを改善し、お腹がぽっこりしている人や肌の調子も今一つに思っている人は腸内環境系を改善することがダイエットに効果的です。
腸内フローラを整える乳酸菌や酵素をしっかり配合しているものを選びましょう。

摂取するカロリーをカットするタイプ

食事制限がかなり辛い人には、この三つ目のカロリーをカットするタイプのサプリメントがおすすめです。
中性脂肪の元となる頭をうまく分解し吸収しにくくしてくれるため、肥満を予防できるのです。
飲み会などといったイベントのせいで食べ過ぎになってしまうような時も助けてもらえます。

以上のような点を注意して自分に適切なサプリメントを選んでみてください。